2016年8月5日 リリース

オートデスクから建築・土木業務向け新パッケージが発売されました。

これまで建築業向け、土木業向けで分かれていたものが、新パッケージでは建築・土木・インフラ業界向けのBIM/CIMパッケージ「Architecture, Engineering & Construction Collection」となり、Revit、AutoCAD Civil3D、Infraworks360などのCADソフトやクラウドサービスを使用できます。

新パッケージの建築業でのメリット・説明はこちら。

新パッケージの土木業でのメリット・説明はこちら。

トピックスの一覧に戻る